なぞを解く

2018年2月11日(日)に放送する松本潤さん主演ドラマ「99.9シーズン2」第5話を見逃してしまった場合、無料動画を視聴する方法をご紹介したいと思います。

どらまにーどらまにー

「99.9シーズン2」第5話をもし見逃してしまっても焦っちゃ駄目だよぉ!

ひっとんひっとん

「99.9シーズン2」第5話の見逃し配信動画を無料視聴する方法を特別に教えちゃうからね!

「99.9シーズン2」第5話のあらすじやネタバレ、見どころ、ストーリー予想、感想などもまとめてご紹介しますね!

スポンサードリンク




ドラマ「99.9シーズン2」第5話の見逃し配信動画を視聴する方法は?

見逃してから1週間以内の場合は?

ドラマ「99.9シーズン2」第5話を見逃してから一週間以内なら“TVer”“TBS FREE”で無料視聴することが出来ますよ。

 

見逃してから1週間以内だったらTVerとFOD!

 

どらまにーどらまにー

気になるのはいつからいつまで視聴することが出来るのかなー?教えてー??

ひっとんひっとん

「99.9シーズン2」第5話の放送が終了してから1週間だけ配信するから

2018年2月11日(日)22時~2018年2月18日(日)20時59分

まで観ることが出来るよ!

違法アップロードされたドラマを観るのは危険!

見逃したドラマを無料視聴したいが為に、YoutubePandora、Dailymotion、miomioなどでサクっと観てしまおうと思っている人もたくさんいると思います。

 

  • Youtube(ユーチューブ)
  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

 

上記4つのサイトをよく利用している人も多いかと思いますが、上記サイトにアップされたドラマや映画は違法アップロードされたものです。

違法アップロードされたドラマを観るのはやはりリスクを伴うものなので絶対に止めましょう!

 

どらまにーどらまにー

画質も悪いし、ドラマが途中で終わってるなんてこともよくある話しだよー。。

ひっとんひっとん

PCやスマホがウイルス感染したり、変なサイトに飛ばされることもよくあるみたい…。怖いー!

スポンサードリンク

ドラマ「99.9シーズン2」第5話のあらすじは?

2018年2月11日(日)放送するドラマ「99.9シーズン2」第5話のあらすじと見どころを簡単にご紹介します。

 

大怪我をした志賀(藤本隆宏)と奈津子(渡辺真起子)が相談にやってきた。志賀が怪我して動けないので、請け負った刑事裁判の弁護を協力してほしいという。

その刑事事件とは、女子高生・工藤久美子(清原果耶)に対する強制わいせつ事件。17歳の山崎大輝(市川理矩)とその友人・大江徳弘(福山翔大)が、久美子の証言により、容疑者として起訴されていた。さらに調書によると、山崎は一度自白をしてしまっていた。

さっそく山崎の元へ接見にいった深山(松本潤)と舞子(木村文乃)は、警察に脅されて自白したということを知る。

さらに山崎は、事件当日は、焼肉屋にいたと証言する。

しかし焼肉屋の店員(アキラ100%)はお客を一人一人覚えていなくてアリバイが取れない。

しかし、深山は山崎から聞き出したある情報をもとに刑事事件ルームの面々と再び焼肉屋に向かった。

公判では、裁判官の遠藤(甲本雅裕)は弁護側に一貫して頑なな姿勢で弁護側の主張を採用しようとしない。

この事件、裁判所と検察のある思惑が一致して、両者が半ば結託するような形で進められていたのだ。さらにある奇策により、深山たちが見つけたアリバイさえも跳ね除けられる。

絶体絶命な状況の中で、すべてを覆す事実を見つけることはできるのか!?

公式サイトから引用)

 

2018年2月11日(日)放送するドラマ「99.9シーズン2」第5話のあらすじと見どころは以上となっています。

ドラマ「99.9シーズン2」第5話のネタバレとストーリー展開を予想!

次にドラマ「99.9シーズン2」第5話が放送する前にどらまに!読者のみなさんから届いたストーリー展開予想をご紹介したいと思います。

こちらはネタバレ&ストーリー展開に関しては随時更新していきますね!

 

むーむー

99.9 –刑事専門弁護士−はシーズン1から欠かさず見ており、今回待ちに待ったシーズン2が放送されました。

シーズン2のヒロインは、育休産休中の榮倉奈々さんに代わって木村文乃さんです。

木村文乃さん演じる尾崎舞子は、松本潤さん演じる深山大翔と対立しますが、回を重ねるごとに理解し合う場面もあり、観ていてお互いの意見や考えに悩まされながらも引き込まれるものがあります。

また、斑目法律事務所のメンバーの掛け合いが面白く、ドラマの雰囲気としても気に入っています。

特に、深山弁護士とメンバーのダジャレは出演者本人が考えているそうなので、ある意味注目すべき見せ場だと思います。

シーズン2ではついに、深山弁護士の過去の事件に急展開があります。

1話完結の事件と同時にシリアスなストーリーが今後展開されていくので、見逃せません。

深山弁護士の過去や事件が徐々に明るみになっていくなかで、誰が黒幕なのか考えを巡らせながら見ています。

個人的には、事務所のマネージャーである、岸部一徳さん演じる斑目春彦が1枚かんでいるような気がします。

たりらんたりらん

99.9シーズン2の面白い点は、松本潤さん演じる深山大翔と香川照之さん演じる佐田篤弘の寒すぎるというか深山と佐田以外の人が笑うことのないダジャレの数々です。

小学生レベルのダジャレが時にはうざいくらい盛り込まれているので、スベっているところまでを一つのネタとして見ると考え抜かれたコントを見ているように思えてきてつい笑ってしまいます。

シリアスな刑事事件を扱っているドラマにダジャレなどで面白さがプラスされていてるのですが、事件そのものを馬鹿にした感じは一切ないのでシリアスなシーンとのギャップにハマってしまいます。

「99.9シーズン2」第5話では深山と佐田と関係の深い、藤本隆宏さん演じる志賀誠と渡辺真起子さん演じる戸川奈津子が事件を頼みにくるところから始まります。

シーズン1でとても濃いキャラだったお二人が出てくるのに加え、検察と裁判所が結託して有罪にしようとしている事件をどう深山たちがひっくり返すのか見ものです。

5話での裁判所と検察の結託はシーズン2でちょこちょこ出てきている笑福亭鶴瓶さん演じる川上憲一郎が裏で仕掛けたことのように感じました。

今後も深山たちが裁判をひっくり返していくことで少しずつ川上の思い通りにならないことが増えていき、最終回では川上も深山たちに無罪を勝ち取られて敗北する流れになればいいなと思いました。

その中で、木村文乃さん演じる尾崎舞子が抱えている佐藤勝利さん演じる謎の男の事件も深山がスパッと解決してくれたらいいなと思いました。

ぶーぶー

松本潤さんの役柄がすごく似合っているのがとても好きです!

みなさんの過去に謎があったけど、徐々に分かってくるところや、木村文乃さんがどんどん弁護士らしくなる姿も好きです。

それから、想像上の出来事などもあって面白いです!

もともと刑事ドラマが好きですが99.9のようにコメディが多めなのはさらに楽しく観れていいなと思います!

裁判など難しい話ですが、真実を知るためや、依頼してきた家族のために、働いている人たちがいてその背景を見ることができて嬉しいです。

刑事ドラマは先が読めないのがすごくたのしいです。

99.9もいろんな展開があって楽しませていただいてます!

今後のストーリーについては、木村文乃さんの持ち歩いている写真の人物(佐藤勝利)がどんな存在なのかがわからないですね。

弟でしょうか?

それと、鶴瓶さんも少し怪しいような。

最終回でどんな結果になるのか、全く想像が付きません。

でも毎回とても楽しみに観ています!

トロントロン

99.9シーズン2は、シーズン1の時と比べて全体的にギャグ要素が多めに感じます。

きっと法廷では絶対言わないであろうシーンでもギャグと絡めてふざけたニュアンスが多いです。

それがシーズン2で一番気にいってるポイントです。

女子校生を強制わいせつをしたとして、少年が逮捕、起訴された。

少年は一度自白してしまっているけれど、このまま否認し続けると裁判になると莫大なお金がかかると警察に脅され強制的に自白させられた。

その後も警察と検察、裁判官の無言の圧力により、さりげなく被害者と起訴された少年達のアリバイのない日を探られ、ことごとく裁判所に少年の「無実」の邪魔をされる。

今までのストーリーより増した『法の圧力』によってコジラセられた、本当の真実を紐解いていく過程が1番の見どころです。

何があっても事実は変わらないといろんな角度で戦う弁護士のカッコよさが光った5話でした。

気になる6話ですが、尾崎弁護士の弟が殺人犯にしたて上げられていたかのような予告映像でした。

最後には室長が「尾崎さんには辞めてもらおう」と言うシーンで締めくくられていました。

ますます続きが気になります!

火太郎火太郎

第1シリーズからかなり話題になっていた作品ですが、第2シリーズも負けず劣らず面白いです。

主人公である深山は事実を知りたくてどんな事件もとことん調べまくる変わり者。

元裁判官で元腹話術部の女性弁護士・尾崎と、二人の上司で損得勘定優先の佐田との軽快で絶妙なやりとりが面白くて一言一句聞き逃したくないと思えるほど。

第5話では相手の弁護士と裁判官が繋がっていて、裁判での有罪を覆させないために強引な進め方をするのが印象的で腹が立ちました。

と同時に、裁判官側にも色々な圧力や都合があることを考えると、それも辛い立場なんだろうと思えて切ない気分に。

そして、次回は尾崎の過去が明らかになりそうな次回予告でした。

既に深山の過去は明らかになっているので、今後は尾崎の過去を最終回近くまで引っ張るのかと思っていました。

ということは、その後は川上裁判長との対決になっていくのでしょうか?

凄く裏がありそうな裁判長ですが、予想としては過去に自分の判断ミスで、冤罪で亡くなった方がいたとかじゃないかと考えています。

これからクライマックスに向けて、より見応えのあるドラマになっていくことを期待しています。

ドラマ「99.9シーズン2」第5話を観た感想が気になる!

2018年2月11日(日)に放送する松潤主演ドラマ「99.9シーズン2」第5話を観た感想を随時ご紹介していきますねーっ!

どらまに!読者の方達から寄せられた感想をご紹介していきます!

 

むーむー

志賀先生、まさか怪我をしていなかったとは。

志賀先生から怪我のために弁護できないから依頼された案件の真相を追求することに気をとられていて、まさか佐田先生に頭を下げるのが嫌だからって怪我を装っていたことに気がつきませんでした。

今回も小ネタがいろいろありましたが、99.9のドラマのネーミングのおかげでアキラ100%さん起用されて良かったねって感じです。

強制わいせつの容疑者になった少年の無実も分かっていましたし、被害に遭った女性の嘘も分かっていましたが、もう一人の容疑者の少年が別の事件に絡んでいたとは。

相変わらず視聴者にはなかなか核心のところまでは気がつかれないようにこのドラマは作り込んでいるなあと感心しています。

裁判官の裏の顔をフィクションとして描いているわけですが、公正明大であるはずの裁判官も、もしかして実際に政治家の介入によるものがありそうな気がして怖いです。

あくまでもドラマの話であって欲しいものです。

第6話では、舞子の過去がようやくわかるようです。

佐藤勝利くんはやはり予想通り舞子の弟さんでした。

窃盗事件ですでに有罪判決、そして今回は殺害容疑で逮捕されるという展開。

舞子と弟の雄太はどうもうまくいってない様子。

きっと2年前の窃盗容疑を雄太はやっていないと主張しているにもかかわらず姉の舞子は状況証拠から信じてあげなかったのでしょう。

雄太は窃盗も殺害もやっていないと主張するようですので、ここは、深山の出番。

深山は事実を突き止めて雄太の無罪を勝ち取ってくれると思っています。

たりらんたりらん

今回も深山の逆転裁判の展開が爽快でしたね。

裁判官と検察が手を組むなど本来あってはならないことだと思います。

でもさすがに言い逃れが出来ないとなった時、遠藤はあっさり検察を見放してしまいましたね。

今回も川上と遠藤の忖度で裁判が行われてしまいました。

舞子の裁判官への不信は募るばかりですね。

川上の本性が徐々に明かされ、舞子の今後にも何かしら影響がある展開になってきました。

今回は強制わいせつで無罪を勝ち取ることの難しさが良く分かる法廷でした。

久美子が母親を恐れて嘘をついてしまうことは途中でわかってきましたが、まさか検察から嘘をつかされてしまうとは予想外でした。

大江の入れ墨の証拠は深山の記憶力が無ければ気づけなかったでしょうね。

山崎の冤罪が証明出来て、大江の別案件の犯行も判明するという爽快な回でした。

次回は舞子の弟・雄太が容疑者にされてしまうという裁判のようです。

雄太は一貫して無実だと主張しているようなので、今回も深山と舞子で冤罪を晴らす展開に期待したいですね。

雄太は舞子の弁護を頑なに拒否するようですが、舞子の過去に何があったのでしょうか。

このドラマは舞子の過去についても徐々に明らかになっているので、弟が登場することで何かそのこともわかるかもしれませんね。

雄太の冤罪を晴らすことで、舞子と雄太の関係が改善すると良いですね。

そして舞子が引きずっている過去が少しでも楽になると良いなと思います。

次回は舞子の活躍に期待ですね。

ぶーぶー

司法の闇を垣間見た様な回でした。

教育評論家の母親に怒られたくないという、とても幼稚な思いで、起こってもいない犯罪をでっちあげた女子高生。

最初は関係のない人達を巻き込んで、こんなにも大事になるなんて思ってもなかったのでしょう。

しかし、少年法を厳罰化したい政府の思惑を汲んだ裁判所の思惑に、この事件が標的となって、事はどんどん大きくなってしまいました。

それでも、起こってもいない事件なので、深山達はその日、女子高生が出会い系で知り合った男性と会っていた事実を見つけ、これで無実は証明されたと思ったのですが、この事件をどうしても有罪にしたい、少年法の厳罰化の象徴事案にしたいと思う裁判所と、自らの面子を保ちたい検察との思惑が合致して、事件の日時が違ったと、とんでもない訴因変更がなされたのです。

流石に、人としてどうかと思わざるを得ませんでした。

こんなに好き勝手に自分たちの有利に犯行日時やら何やらを操作されては、裁判とは一体何なのか、誰のためにあるのか、何を裁いているのか、その存在意義はあるのかと腹立たしいばかりでした。

犯行日時を訴因変更したら、なぜか被告人のうちの1人、大江が自白をしたのです。

それはその日に強盗殺人を彼が犯しており、そちらの方が罪が重くなると考え、ありもしない強制わいせつの方の事件を認めたというわけでした。

色んな思惑が複雑に絡み合った何とも考えさせられる回でした。

そして、次回は何度となく出てきた、少年が警察に連れて行かれる、舞子の回想シーンの真相が明らかになる様です。

裁判官を辞めた事とその過去が何か関係があるのかなと思います。

トロントロン

どうも、かんばんは!

深山先生のキレッキレのギャグが飛び交う「99.9%~刑事専門弁護士~シーズン2」の第5話が放送されました。

今回の弁護依頼は、わいせつ容疑です。

被害女性の証言によって、無実の少年2人に容疑がかかり、そのうちの1人が警察の脅しに負けて罪を認めてしまい起訴されました。

最高裁は、少年犯罪の厳罰活動をしており裁判官と検察は、支持率を回復するのに必死です。

検察側が不利に働けば、「訴因変更」と姑息な手段で対抗してきます。

そんな中、深山先生率いる弁護士チームは、無罪の証明ともう一つの事件が関わってくることに辿り着きます。

最近、話題にもなっている「忖度」。

最高裁の顔色を伺い、無実の少年が人生を

左右されるというのは遺憾です。

第5話では、今まで匂わせていた裁判所のダークな部分が顔を出していたと思います。

深山先生の事実を知りたいという衝動が事件解決に繋がっていくのですが、起訴された事件を覆すのは容易でないことを教えられます。

余談ですが、今回は和田先生と深山先生のギャグ合戦はなく、深山先生だけのギャグ披露でした。

個人的には、皆が寒いと思っている深山先生のギャグを和田先生が爆笑するシーンが微笑ましくて好きです。

あと、法廷で検察と裁判官を相手にどや顔で嫌味をぶつける深山先生も、観ていてスカッとするので好きです。

第5話だと、法廷で無実を証明した後の一言「もう1回やります?訴因変更」

どや顔がキマってました。

第6話は、尾崎先生の弟に関わる事件の真相が明らかになっていきますが、予想するに深山先生のお父さんの時同様、冤罪によって有罪判決が下った事件だと思います。

深山先生の場合は、被告人となったお父さんが亡くなってしまっているので、無実を立証することは叶いませんでした。

しかし、同じ状況下の尾崎先生の弟の事件で無実を立証し、事実をねじ曲げる検察側と裁判所に真っ向勝負を挑む形になるのではと思います。

まとめ

2018年2月11日(日)に放送する松潤主演ドラマ「99.9シーズン2」第5話の見逃し配信動画を無料視聴する方法を詳しくご紹介しました。

どらまにーどらまにー

ドラマ「99.9シーズン2」第6話もガンガン更新していくよーっ!!

スポンサードリンク