電車の画像

2018年3月24日(土)に放送するドラマ「パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」

主演は女優の天海祐希さんで主人公・天乃瞳子を演じます。

アガサクリスティのミステリー小説をドラマ化したものになりますね。

そんな本日はドラマ「パディントン発4時50分」のネタバレと犯人の正体を勝手に予想してみたいと思います。(ネタバレ&犯人について書かれているので注意して下さい。)

スポンサードリンク

ドラマ「パディントン発4時50分」のあらすじは?

ミステリーといえば、ミステリーの女王“アガサ・クリスティ”ですね!

今回、そのアガサ・クリスティの傑作をドラマ化ということで、ミステリーファン、アガサ・クリスティファンは盛り上がっていることでしょう。

そんな期待上昇真っ只中のパディントン発4時50分のあらすじを簡単に紹介していきたいと思います!

 

ある日の夕方、主人公瞳子の義母である天乃雀が「特急オリオン」に乗っていたところ、並走していた「寝台特急朝霧」の中で男が女性の首を絞めているところを目撃してしまう。

すぐさま車掌に通報するも、寝ぼけていたのではないか、死体や証拠もなく、見間違いではないかと言われ、車掌も警察も取り合ってくれませんでした。

そんな事件の相談をされた主人公天乃瞳子。

 

義母の汚名を返上するために真相究明に立ち上がりました。

列車内に死体がないことから、瞳子は犯人が車内から死体を遺棄したものと考える。

そして列車の経路付近にある豪邸の敷地内に遺棄したと考え、瞳子の友人であり異色の経歴の持ち主の家政婦中村彩を屋敷に潜入させる。

 

しかし、その豪邸には一筋縄ではいかない曲者の社長とその一族が顔を揃えている。

寝台列車朝霧から「消えた死体」の行方は・・・?

屋敷内でも更なる事件も勃発!複雑に絡み合う一族の一連の事件の真実とは・・・?

 

元敏腕刑事天乃瞳子が難解な事件に挑む!

列車のミステリー要素はもちろん、舞台を豪邸に移して次々に起きる殺人事件を「和製マープル」こと「天乃瞳子」どのように解き明かしていくのか!

最後まで犯人が分からない緊迫のミステリーとなっています。

ドラマ「パディントン発4時50分」のネタバレと感想は?

上記のあらすじより、もう少し深く踏み込んでドラマ「パディントン発4時50分」の話を追っていきたいと思います。

ネタバレを含みますのでご注意してください!

今回の作品では、列車内での絞殺した死体は列車から投げ落とされ遺棄されたと考えられていて、、

 

  • 経路上のカーブ点に位置する地点にある邸宅に死体が投げ込まれた
  • その邸宅に家政婦が潜入して死体を捜索する
  • 数日後、納屋の中から死体を発見!
  • 被害者については誰も見覚えがなく、動機もわからないために捜査は進まず、そんな間に第二、第三の殺人事件が起きる

 

上記のことから、死体が隠された状況を見ると、犯人は周辺状況に詳しい人間であるということがわかります。

原作での流れですが、日本アレンジ版でもこの流れでの話となるのではないでしょうか。

まず、老人のたわごとととらえられた列車内の殺人ですが、これは本当にあった出来事でした。

 

義母の見たものは間違いなかったということですね!

殺されたのは、邸宅を出入りする人物にゆかりのある女性・・・。

結婚、恋愛、そういった類のごたごたから起こった身勝手な殺人だったのです。

 

物語の後半まで、殺された人物も犯人もわからないミステリアスな展開となっていますが、原作通りに行けば犯人はあの人となるのです・・・。

ラストの犯人の自白、罪の全貌が明らかになるシーンではちょっと安易なやり方、自白が意外とさらっとしている、というような少し拍子抜けという感想がある模様。

小説では案外軽いテンポでの真相解明だったよう・・?

 

これがドラマでの日本版アレンジではどのように物語を運んでいくのか。

和製マープルこと天乃瞳子「天海祐希」さんの痛快なミステリー解明が楽しみですね!

スポンサードリンク

ドラマ「パディントン発4時50分」の犯人を予想してみる!

日本アレンジ版「パディントン発4時50分」の犯人を原作小説から予想をしてみたいと思います!

こちらも原作ネタバレを含みますのでご注意くださいませ。

まず、上記では濁しておりましたが、原作小説の犯人は邸宅に出入りする主治医のクインパー氏が犯人となっています。

 

また、殺されたのは彼の妻に当たる人物。

邸宅に住む一家の女性を好きになってしまい、彼女と結婚をしたいがために自身の妻を殺害するという身勝手な最低男です。

この原作通りにいけば、今回のドラマの犯人は役どころが同じの佐伯慶一(石黒賢)となりますね!

 

人物説明でも佐伯主治医は富沢家の長女の富沢恵子(原沙知絵)から好意を寄せられている記述があります。

この関係性から、富沢恵子と結婚したいがために主治医の佐伯は自身の妻の殺害に至ったのか・・・?

僕が思うに、おおかた原作通りとなる予想ではありますが、邸宅に遊びに来る小学生の母親木村麗子や警視庁参事官の山口参事官、捜査一課の鈴木刑事の活躍も期待ができます。

 

登場人物全員が、複雑に絡み合い、原作を超えるあっと驚く展開での物語進行になるのではないでしょうか・・・?

あくまで予想なので、何とも言い難いですが。

ドラマと思えないような豪華キャストで演じられる「パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」。

 

豪華キャストならではのひとりひとりの濃いキャラクターと原作であるミステリーの女王アガサ・クリスティの傑作という本当に期待の高まる作品となっていますね。

ドラマを観る前に原作小説をすぐに読んでおきたい方は電子書籍がオススメですよ。

下記にアガサクリスティの原作小説「パディントン発4時50分」のリンクを貼っておきますね。

 

◆楽天はこちら!

パディントン発4時50分【電子書籍】[ アガサ クリスティー ]

◆Amazonはこちら!(Amazonは文庫本になります。)

パディントン発4時50分 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

パディントン発4時50分の原作小説ネタバレと感想!ドラマのラスト結末との違い!

まとめ

2018年3月24日(土)に放送するドラマ「パディントン発4時50分~寝台特急殺人事件~」ネタバレ感想、そして犯人を勝手に予想してみました。

まだリアルタイム放送まで5日間ほどありますので、原作小説を読んでおくとドラマをより一層楽しめるかもしれませんね。

ですが、原作小説を読んでしまうと犯人が分かってしまうので、ドラマを見て犯人を一緒に推理したい方は止めておいた方がいいかもしれません。

ミステリードラマは犯人が先に分かってしまうと冷めてしまいますからね(笑)

スポンサードリンク