病院の受付と看護師

2018年4月から放送開始する日曜ドラマ「ブラックペアン」

主演は嵐・二宮和也さんが決定していますね。

今、CMにドラマに引っ張りだこな若手俳優・竹内涼真さんも出演するということでかなり気になっている人も多いんじゃないかと思います。

陸王もかなりの高視聴率でしたからね!

そんな本日はドラマ「ブラックペアン」の脚本家や監督、そして演出家について詳しくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

「ブラックペアン」の原作小説のあらすじは?

二宮和也さん主演にて、2018年4月からスタートする新ドラマ「ブラックペアン」

原作者は「チームバチスタの栄光」で有名な海堂尊さんですが、原作小説のあらすじも気になりますよね。

ドラマと原作小説に相違点などはあるのでしょうか。

 

「ブラックペアン」の原作小説は「ブラックペアン1988」といい、2007年に刊行されていました。

つい最近の作品ではなかったのですね。

それではさっそく、原作小説のあらすじを見ていきましょう。

 

世良雅志は、東城大学医学部付属病院で働く研修医。

教授の佐伯清剛のもと、あらたな医療機器を持ち込んで反発を受けてしまう高階権太に翻弄されていきます。

おまけに、東城大学医学部付属病院には、「オペ室の悪魔」という異名を持つ渡海征司郎もいました。

 

こういったあくが強い面々のなか、世良雅志は研修医として研鑽に励んでいくことになるのでした。

「ブラックペアン」では渡海征司郎が主人公なのですが、「ブラックペアン1988」では世良雅志だったのですね!

まあ、ドラマにするのであれば、普通の研修医より「オペ室の悪魔」のほうが盛り上がるかもしれませんから、分かりますけどね(笑)

 

なお、「ブラックペアン1988」は、直木賞に匹敵する文学賞として知られる山本周五郎賞にノミネートされたという実績も持っています。

「ブラックペアン」がスタートする前に、原作小説の方を読んでおくのもいいかもしれませんね!

楽天やAmazonでも発売しているので気になる方はチェックしてみましょう。

 

◆楽天はこちら!

ブラックペアン1988新装版 (講談社文庫) [ 海堂尊 ]

◆Amazonはこちら!

新装版 ブラックペアン1988 (講談社文庫)

 

電子書籍で読むのもいいですがたまには手にとって小説を読むのも乙なモノですよ(笑)

スポンサードリンク

ドラマが始まる前に原作小説を読んでおけばより一層、ドラマを楽しめること間違いなしです。

ドラマ「ブラックペアン」の脚本家は誰?

そんなドラマ「ブラックペアン」ですが、原作者だけではなく、脚本家も気になりますよね。

いったい誰が脚本を担当することになっているのでしょうか?調べてみると「ブラックペアン」の脚本を担当するのは丑尾健太郎さんでした!

脚本家・丑尾健太郎さんの簡単プロフィールもご紹介しておきます。

丑尾健太郎のプロフィールは?

名前:丑尾 健太郎(うしお けんたろう)
生年月日:1976年5月28日
出身地:愛媛県
学歴:神戸大学経済学部卒業

 

脚本家・丑尾健太郎さんの簡単プロフィールは以上となっています。

丑尾健太郎さんは、これまでに数々のドラマや映画に脚本を提供してきたという注目の脚本家です。

これまでに丑尾健太郎さんが担当してきた作品は、「ショムニ2013」、「福家警部補の挨拶」、「HEAT」、「無痛」、「小さな巨人」など!

 

ちなみに、丑尾健太郎さんは、2018年に入ってからも、すでに「都庁爆破!」で脚本を担当しています。

これだけの実績があるわけですから、「ブラックペアン」にもそうとう期待できそうですね!

丑尾健太郎さんが脚本を担当する「ブラックペアン」のスタートを楽しみに待つことにしましょう。

ドラマ「ブラックペアン」の監督や演出家も気になる!

脚本家とくれば、監督や演出家も見逃せませんよね。

そこで、ドラマ「ブラックペアン」の監督や演出家を調べてみました。

まず、監督なのですが、「ブラックペアン」のスタッフの中に、「監督」という肩書きは見当たりませんでした。

 

事実上、演出家が監督であるといえそうですね。

その演出家を見ていきましょう。

演出家は3名いて、福澤克雄さんと田中健太さんと渡瀬暁彦さんでした!

 

福澤克雄さんは、あの福澤諭吉のやしゃごという人物です!

ちなみに、自身も、福澤諭吉の創設した慶應義塾大学を卒業していました。

「さとうきび畑の唄」、「半沢直樹」、「レッドクロス〜女たちの赤紙〜」、「下町ロケット」、「陸王」などの作品を手がけています。

 

田中健太さんは、「クロサギ」、「華麗なる一族」、「3年B組金八先生」、「美男ですね」、「半沢直樹」、「下町ロケット」、「小さな巨人」、「陸王」などの作品を手がけました。

渡瀬暁彦さんは、渡瀬恒彦さんの息子、渡哲也さんの甥です!

「レンタルの恋」、「小さな巨人」、「カンナさーん!」、「監獄のお姫さま」と、2017年だけでこれだけの作品を担当してきました。

 

このように、「ブラックペアン」は、キャスト、原作者、脚本家、演出家と、実力派揃いのようです!

安心して視聴することができるでしょう。

まとめ

2018年4月から放送開始する二宮和也さん主演ドラマ「ブラックペアン」の脚本家と監督、そして演出家について詳しくご紹介しました。

脚本家は「ショムニ」や「小さな巨人」を担当した丑尾健太郎さんなので、ブラックペアンもかなり期待できそうですね。

演出家も実績のある方達なのでストーリーはもちろんセリフの言い回し方など細かい部分も注意して見てみたいと思います。

脚本家や演出、監督によってドラマの描写がまったく違うのでそういうのを楽しむのも醍醐味のひとつだと思いますね。

スポンサードリンク