手術室

2018年4月から放送開始する日曜ドラマ「ブラックペアン」

嵐・二宮和也さん主演ドラマとして話題になっていますが、原作があるのかどうかも気になりませんか?

ドラマ「ブラックペアン」は著者・海堂尊さんの小説で「ブラックペアン1988」が原作となっています。

そんな本日は「ブラックペアン」の原作小説ネタバレと感想、そしてドラマ最終回はどうなるのかについてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ブラックペアンの原作小説ネタバレが気になる!

今回は、2018年4月スタートの二宮和也さん主演ドラマ「ブラックペアン」について、原作小説をネタバレしたいと思います。

知りたくない方はご注意ください!

 

舞台となるのは、東城大学医学部附属病院。

主人公は、研修医である世良雅志。

世良雅志が勤務しているのは、佐伯清剛教授の影響下にある総合科学教室です。

 

そんななか、世良雅志の前に、高階権太という講師が現れます。

高階権太は、帝華大学からやって来て、新手の医療機器を引っ提げていたため、院内での評判は悪いものでした。

ですが、総合科学教室には「オペ室の悪魔」と呼ばれている渡海征司郎がいて、彼もまた異端児のため、周囲から問題視されていたのでした。

 

世良雅志は、そんな渡海征司郎と付き合いを深めていくことになりました。

さて、渡海征司郎は、実は、父が渡海一郎という元東城大学医学部助教授で、おなじくまだ助教授だったころの佐伯清剛とは懇意にしていました。

ですが、渡海一郎はやがて、東城大学医学部附属病院を去るはめに。

 

昔、渡海一郎は、佐伯清剛が担当していた患者を代わりに診ましたが、そこでとんでもない事実を突き止めてしまったからです。

なんと、佐伯清剛は、患者の体内に医療器具を放置していたのです。

佐伯清剛が阻止しようとした摘出オペをやろうとして、渡海一郎は左遷されてしまったというわけでした。

 

それから歳月が流れ、息子の渡海征司郎は、患者から医療器具を摘出して、佐伯清剛をつぶそうとします。

佐伯清剛の静止を振り切ってオペをする、渡海征司郎。

ですが、佐伯清剛が患者の体内に医療器具を残したのにはわけがありました。

 

患者の出血を防ぐためだったのです。

それは事実で、渡海征司郎は、皮肉にも出血でオペを断念せざるを得なくなります。

さて、渡海一郎の件ですが、佐伯清剛の陰謀などではなく、すれ違いだったのでした。

 

佐伯清剛は渡海一郎を探し復職を願い出ていましたが、拒否され、代わりに息子を育ててくれといわれていたのです…。

スポンサードリンク

すべての真相を知った渡海征司郎は、東城大学医学部附属病院を去るのでした…。

 

「ブラックペアン」の原作小説が気になる方は是非、チェックしておきましょう!

ドラマが始まる前に原作小説を読んでおけばまた違う目線でドラマを楽しむことが出来ます。

 

◆楽天はこちら!

ブラックペアン1988新装版 (講談社文庫) [ 海堂尊 ]

◆Amazonはこちら!

新装版 ブラックペアン1988 (講談社文庫)

ブラックペアンの原作小説の感想を教えて?

次に「ブラックペアン」の原作小説の感想についてご紹介したいと思います。

「ブラックペアン」の原作小説は、「チームバチスタの栄光」で知られる海堂尊さんが作者です。

海堂尊さん原作とくれば、天才医師が活躍…というイメージなのですが、こんなドロドロした話だったとは意外ですね。

 

佐伯清剛という悪徳医師が成敗されるのかと思いきや、渡海征司郎が思っていたことと真実が異なり、逆に渡海征司郎が病院を去るはめになるとは、何とも皮肉です。

勧善懲悪タイプではないストーリーも、それなりにいいとは思いますが。

なお、ドラマでは渡海征司郎が主人公ですが、原作小説では、世良雅志の視点で展開されていくというのも特徴です。

 

とはいえ、世良雅志も重要な登場人物ですので、ドラマでも注目していきましょう。

ドラマ「ブラックペアン」と原作小説のラスト最終回は違う?

このように、けっこう予想と異なる感じだった、「ブラックペアン」の原作小説のラスト。

では、ドラマも同じようなラストなのでしょうか?

最近では「毒親」やいじめを描いた社会派ドラマ「明日の約束」の例もありました。

 

しかし、映画ならともかく、テレビドラマが皮肉な結末で終わるというのは、考えにくいのではないでしょうか?

ましてや、二宮和也さん主演で、バッドエンドというのはあまりイメージできません。

ひょっとしたら、ドラマは、原作小説とは異なり、渡海征司郎に有利な感じで終わるのかもしれませんね。

 

そもそも、原作小説を実写化となってくれば、多少、ラストに違いも出てくるものです。

ドラマでは、渡海征司郎が天才外科医だということが強調されていますので、少なくとも、原作小説とまったくおなじバッドエンドということはないものと思いますよ。

まとめ

2018年4月から放送開始する日曜ドラマ「ブラックペアン」原作小説のネタバレとラスト最終回との違いについて詳しくご紹介しました。

ドラマ「ブラックペアン」の原作小説の著書は海堂尊さんですが、今回のドラマは少しドロドロした雰囲気がしますね。

まだ放送開始前なのでどんな雰囲気のドラマなのかはあくまで予想しか出来ませんが、原作小説とドラマのラストには違う要素が出てくると思います。

原作小説を先に読んでドラマを見るとまた違う目線で楽しめるかもしれませんね。

スポンサードリンク