手術室

2018年4月2日(月)に放送するミステリードラマ「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」

出演者は唐沢寿明さん、渡部篤郎さん、及川光博さん、麻生久美子さん、渡辺麻友さんなどなどかなり豪華なキャスト陣となっています。

そんな本日はドラマ「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」のネタバレとあらすじ、そしてラスト結末を予想してみたいと思います。

スポンサードリンク

ドラマ「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」のあらすじは?

まず最初にドラマ「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」のあらすじを簡単にご紹介したいと思います。

選考委員絶賛!第15回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作品が遂にドラマ化となりました。

とんでもない、前代未聞の謎を描く医学ミステリー。

 

そんな「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」のあらすじをまとめてみました。

主人公は、日本がんセンターの医師・夏目。

夏目は、生命保険会社で働く森川から、不正受給をしている可能性があると指摘を受けます。

 

夏目から、残りの寿命があと半年と宣告を受けた肺腺がん患者が、生きてるときに給付金3千万円を受け取ったが、その後も普通に生活をしていて、それどころか病巣が消え去っているという。

同じような保険支払いが立て続けに4例も起こっていました。

これはおかしい…と考えた夏目は、変わり者の友人の、同じくがんセンターに勤務している羽鳥と共に調査を始めます。

 

一方で、がんを患った有力者たちから支持を受けていたのは、夏目の恩師の西條が理事長を務めている湾岸医療センター病院だった。

その病院は、がんの早期発見と治療を得意としており、もしも再発した場合も、がんを完全に寛解に導くという病院であった。

がんが完全に消失、完治するのか・・・?

 

いったい、がん治療の世界の中で何が起こっているのか・・・。

連続して起きるがん消滅事件は奇跡なのか、または陰謀か。

医師・夏目とがん研究者・羽鳥が謎に迫る!本格医療ミステリー作品です。

 

ドラマ「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」のネタバレと感想をご紹介!

次にドラマ「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」のネタバレと感想をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

原作を読んだ方たちの感想を調べてみました。

ネタバレ要素を含みますのでご注意くださいませ。

 

むーむー

「登場人物の外見描写が少なくて、どういう人物像なのかイメージがつきにくかった。あえてやってるのか?読んでる途中で、このキャラはこういう人物だった、というのがわかっていった場面もあり、面白かった。」

たりらんたりらん

「他人のがんを移し、拒絶反応がおこり勝手にがんが消えるというオチ。この分野の知識がないので、現実的に可能な話なのか、ファンタジーなのかわからないが、終盤~ラストまでの展開はめちゃめちゃに面白かった。伏線も最後にすべて回収されていて、すっきりとしたラストで一気読みしてしまいました。」

ぶーぶー

「専門用語が多く出てきたが、自然にわかりやすく説明してくれているので納得でき、読み進めることができた。」

トロントロン

「医療に携わっていない人間からしたら考えることのできないトリックでありながら、真実が分かったとき「なるほどね!」と納得できてしまうわかりやすさがあった」

 

4件ものがん消失事件が起きるのですが、どれも人為的ながんの発生から起きたことだったのですね。

がん細胞を意図的に健康な人に植え付け、通常は免疫反応から、そのがんは消失しますが、その間にがん宣告を受けていたので、保険金等を受け取ることができたのでしょうか。

また、人物の外見描写やキャラクター性などが分かりにくかったとの意見もありますが、ここはドラマ化で期待ができるポイントとなりますね!

 

全体的な感想としては、「そうだったのか!」「納得!」というように予想外の展開や、巧妙ではあるもののわかりやすいトリックと評価されている様子。

ドラマ「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」のラスト結末を予想!

最後にドラマ「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」のラスト結末を予想してみたいと思います。

原作小説のラストは大どんでん返し、といったような驚愕のラストとなっているようです。

ドラマでのラスト結末はどうなるのでしょうか?

 

原作も考慮しながらラストの予想をしていきたいと思います!

ネタバレを含みますが最後までお付き合い頂けたらと思います。

 

原作でのラストまでの流れ、真相は、がん医療の第一人者「先生」が一連の事件のカギを握ります。

それに立ち向かい、真相を究明していく夏目と羽鳥。

のちに保険会社員の森川も加わり、がん保険加入者の謎に迫ります。

 

「先生」は過去に妻を亡くし、娘も亡くなっています。

娘の死後に、自分とはDNAがつながっていないことがわかり、親子関係がないことを知ってしまいます。

妻の浮気相手の男に徹底的に復讐を誓います。

 

これが事件の犯行に走らせた一番の原因と思われますね。

事件が明らかになった後、「先生」は一週間後にバラバラになった遺体として発見されます。

犯人は医療ミスの復讐が動機とされる患者であると公表された。

 

共犯者もいると推測されるが、黙秘を続けている。

その報道に夏目は疑問を抱くが、追求する手立てはなく、ただどちらにしろ、間違いなく「先生」は死んでしまった。

しかし、それは計画の一部であり、身代わりを殺すことにより世間から存在を消し、復讐をやり遂げるのであった。

 

原作ラストは終盤~ラストまでの勢いが強く、さらっとまとめることが困難なほどにどんでん返し、新発見の連続です!

ドラマでの結末としても、復讐劇としてラストを迎えると予想されますが、この複雑な人間関係をどう描いていくのかが期待ですね。

原作感想では、ラストは案外とあっさりとしていた、という意見も見られました。

 

時系列が少し幅がありますので、その点をドラマではどのように表現をするのか、というところが見どころですね。

もしかしたら、ドラマでは完全に犯人を追い詰める、という展開もアリかもしれません。

気になる方はドラマ「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」を見逃さないようにしましょう!

 

まゆゆ(渡辺麻友)の演技は下手?”がん消滅の罠”の演技力の評価は?

まとめ

2018年4月2日(月)に放送するミステリードラマ「がん消滅の罠~完全寛解の謎~」ネタバレとあらすじ、そしてラスト結末を勝手に予想してみました。

原作小説があるのですでに読んだ人は簡単にラスト結末が分かると思いますが、まだ読んでいない人はリアルタイムでドラマを観て楽しんでくださいね。

そして原作小説とドラマとではラスト結末に違いが必ずあると思っています。

そういう部分も読み解くとまた違う楽しみを発見することが出来ると思いますよ。

ミステリードラマが好きな人は必見ですね!

キャスト陣もとっても豪華なメンツが揃っているので絶対に楽しいドラマだと思います!!

スポンサードリンク