女の子と花

2018年4月から放送が始まる春ドラマ「花のち晴れ」

今をトキメク若手俳優や若手女優がたくさん出演する「花晴れ」。あらすじ、ネタバレ、感想も気になりますが、今回は花晴れに出演するキャストに注目したいと思います。

そんな本日はドラマ「花のち晴れ」に登場する馳天馬(はせてんま)役を演じる俳優・中川大志(なかがわたいし)の役柄や演技評価&評判について詳しくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ドラマ「花のち晴れ」馳天馬(はせてんま)役は中川大志!

冒頭でも軽く触れましたがドラマ「花のち晴れ」馳天馬(はせてんま)役を演じるのは俳優・中川大志さんになります。

中川大志さんはどんな経歴や実績を持っている俳優さんなのか気になったので簡単にプロフィールをご紹介しますね。

中川大志のプロフィールは?

名前:中川 大志(なかがわ たいし)
生年月日:1998年6月14日(19歳)
出身地:東京都
身長:178.5cm
血液型:B型
職業:俳優・タレント
ジャンル:ドラマ・映画・CM
活動期間:2008年~
事務所:スターダストプロモーション

 

中川大志さんの簡単プロフィールは以上となっています。

中川大志さんは1998年6月14日生まれ19歳の俳優ですね。

小学4年生の時にスカウトされ翌年にスターダストプロモーションに所属しました。

 

スターダストに所属してから数々の作品に出演しています。

主な出演作品は、2008年「花の海 花いろの風」で初舞台主演デビュー!

2009年「わたしが子どもだったころ」再現VTRでテレビデビュー!

2010年「半次郎」で映画初出演!

 

2011年NHK朝ドラ「おひさま」で主人公陽子の長兄役の幼少期で出演!

2011年~2012年「nicola」でメンズモデルとしても活躍していました。

2011年は視聴率40%を超えたドラマ「家政婦のミタ」で阿須田家の長男役で出演します。

 

「家政婦のミタ」で注目されて以降、ドラマ・映画出演が増えます。

2015年には「このイケメンは誰だ?」と話題になった広瀬すずさんと共演したシーブリーズのCMに出演しています。

ポスト福士蒼汰か!?と言われるくらい顔も似ているので、ふたりの写真を並べると区別が付かなくなります(笑)

 

2015年「監獄学園」でテレビドラマ初主演を果たしました。

2017年「パイレーツオブカリビアン/最後の海賊」ではヘンリーターナー役の声を演じています。

2018年には「坂道のアポロン」「虹色デイズ」と2本の出演映画が公開予定となっています。

 

この他にも、大河ドラマや映画・たくさんのCMに出演しているので今、最もいきおいのある若手俳優といっても過言でなないと思います。

ドラマ・映画・舞台・声優・モデルと幅広く活躍されている若手俳優なのでファン層もとても広いですね。

スポンサードリンク

ドラマ「花のち晴れ」馳天馬(はせてんま)はどんな役?

次にドラマ「花のち晴れ」に登場する馳天馬(はせてんま)の役柄について説明していきます。

中川大志さん演じる馳天馬は主人公、江戸川音の幼馴染で音の通う英徳学園高校ライバル校の桃乃園学院の生徒会長をしています。

性格も外見も能力もすべてが完璧な男の子です。

 

音とは母親同士が親友で親同士が決めた許婚です。

天馬の実の母親は亡くなっていますが、父親の再婚によって義母がいます。

音は、親同士が決めた婚約者としか思っていませんでしたが、天馬は幼い頃から音のことを思っており本気で「音を守る」と心に思っています。

 

音が「庶民狩り」にあった時も学校への寄付金を肩代わりしたり音がピンチの時に現れ何かと助けます。

感情はいつも穏やかですが、あまり怒りをぶつけたり楽しそうにはしゃいだりもしないタイプです。

感情がころころかわる晴とは正反対なタイプです。

 

音も晴といる時と天馬といる時では、接し方や雰囲気が変わります。

音の事を一番に考えている天馬。

そんな天馬の思いに応えようと音は正式に付き合うことになりますが、だんだんと晴と音との距離が近づいていくことに気づいても、それでも天馬は音を一途に見守ります。

 

なんて健気な男の子なんだろう…と思ってしまいますね。

天馬の恋はどうなってしまうのでしょうか。

ドラマ「花のち晴れ」に出演する中川大志の演技評価は?

中川大志さんは賞などは受賞していませんが、10歳からの演技経験でキャリアは10年程ありドラマや映画など数々の作品に出演しています。

ドラマ「家政婦のミタ」に出演から7年イケメンへと成長し次々にドラマや映画などの作品に抜擢されていることから演技力が注目されていますね。

2016年ViViの次ブレイクするイケメンランキング1位になっています。

 

また、映画「きょうのキラ君」の川村監督は当時「17.18歳の若手俳優の中でトップ!見た目より熱い演技をする」と演技力を絶賛していました。

中川大志さん本人は「家政婦はミタ」の監督に「自分のやりたいことをやっていいんだ」と言われ「自分のやりたいことを演技にこめる」と自分の演技について話していました。

インタビューでは「ウソじゃない演技を目指したい」とこだわりや志も語っていましたね。

 

今後もますます演技力が磨かれていくのではないでしょうか。

現在、19歳という若さなのでまだまだこれからが期待される俳優だと思います。

次々と出演する作品が増えていきますのでその演技力に注目しましょう!

まとめ

2018年4月17日(火)から放送開始するTBS系ドラマ「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」馳天馬(はせてんま)役を演じる俳優・中川大志さんの役柄や演技評価&評判について詳しくご紹介しました。

“花晴れ”には平成の美男美女達がたくさん出演するので、次世代にブレークする役者さんもいるかもしれませんね。

そういう目線でドラマを見るのもひとつの醍醐味だと思いますし、回を増すことに演技力が磨かれていくのを見るとなんだかほっこりしてしまいます。

ドラマ「花のち晴れ」が今からとっても楽しみですね。

スポンサードリンク