青空の画像

2018年4月2日(月)から放送開始するNHK朝ドラ「半分、青い。」

放送開始まであと5日間ほどになりました!

そんな本日はヒロイン・鈴愛の口癖である「ふぎょぎょ」「やってまった」の意味やどこの方言なのかについて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ドラマ「半分、青い。」ヒロイン・鈴愛の役どころは?

いよいよ、2018年4月2日から、新NHK連続テレビ小説「半分、青い。」がスタートします!

「わろてんか」の葵わかなさんに続くあらたなヒロイン役は、永野芽郁さんです!

これまで、「俺物語!!」、「ピーチガール」といった映画や、「僕たちがやりました」といったドラマで活躍してきただけに、演技力に期待ですね。

 

さて、そんな永野芽郁さんが演じるヒロインというのが、楡野鈴愛(にれのすずめ)です。

楡野鈴愛とは、いったいどのような役どころなのでしょうか…?

ドラマ「半分、青い。」の舞台となるのは岐阜県です。

 

時代は、高度成長期。

とある食堂に生まれた少女が楡野鈴愛でした。

幼少期に片耳の聴力を失ってしまうという不幸に襲われた楡野鈴愛ですが、家族や幼なじみの支えもあって、力強く生きていくことに。

 

次第に、楡野鈴愛は漫画家をめざすようになっていき、東京へと出ていきました。

人気少女漫画家のアシスタントとなって、仲間たちとともに働いていく、楡野鈴愛。

しかし、自身が漫画家になるという夢を実現させることは叶いませんでした。

 

やがて、楡野鈴愛は男性と結婚し、長女をもうけることに。

ですが、旦那とは離婚してしまって、シングルマザーとなってしまう、楡野鈴愛。

東京から郷里の岐阜へと戻ってくるわけですが、そこで彼女を待っていたのは数奇な運命でした。

 

なんと、楡野鈴愛は発明をすることになっていくのでした。

ドラマ「半分、青い。」は、ヒロインが昭和をたくましく生きていくという、NHK連続テレビ小説に多く見られるストーリーみたいですね。

でも、楡野鈴愛は、モデルがいないキャラクターであり、発明をするという変わった展開になるため、従来のヒロインとは少し毛色が異なり、より期待できそうですね!

ヒロイン・鈴愛の口癖「ふぎょぎょ」「やってまった」の意味は?

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」といえば、現在話題になっていることの1つに、楡野鈴愛の口癖があるそうです。

スポンサードリンク

口癖といってもいろいろあるのでしょうが、楡野鈴愛の場合、かなり変わったもののようですね。

だからこそ、話題になっているのでしょう。

 

楡野鈴愛の口癖というのは、「ふぎょぎょ」「やってまった」というもの。

いずれもあまり聞きなれませんが、どういう意味なのでしょうか…?

「ふぎょぎょ」については、分かりませんでした。

 

理由については、次でご説明いたします。

でも、響きからすると、なにかおどろいてしまった時に発する感嘆詞なのでしょうか…?

一方の「やってまった」については、だいたい想像できるでしょうが、「やってしまった」という意味だとか。

 

それにしても、「やってもうた」ならよく聞きますが、「やってまった」とは、独特ですよね。

言葉1つをとっても興味深いNHKドラマ「半分、青い。」が見られるのが楽しみですね!

ヒロイン・鈴愛の「ふぎょぎょ」「やってまった」はどこの方言?

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」で話題の、「ふぎょぎょ」と「やってまった」。

いずれも独特ですが、方言なのでしょうか?

だとしたら、舞台となる岐阜の方言なのか、そうでないのか、気になりますよね?

 

まずは「ふぎょぎょ」ですが、これはどこの方言でもありませんでした。

勝手に作られた造語だったのです!

意味が分からないのも当たり前ということです(笑)

 

一方の「やってまった」は、名古屋弁でした!

名古屋弁には上町言葉と下町言葉があり、「やってまった」は下町言葉でした。

似た言葉として、「してしまう」という意味の「してまう」というものもあります。

 

なんだか、響き的には関西弁のようで、そこまで違和感がない感じですね。

NHK朝ドラ「半分、青い。」でこれらの口癖が登場するのに期待しましょう。

まとめ

2018年4月2日(月)から放送開始するNHK朝ドラマ「半分、青い。」ヒロイン・鈴愛の口癖「ふぎょぎょ」「やってまった」の意味やどこの方言なのかについて詳しくご紹介しました。

放送開始まであとたったの5日間ほどとなって来ました!

NHK朝ドラファンの人達からすると待ちに待った放送日ということでしょう。

ヒロイン役を演じる永野芽郁さんの演技にも注目したいと思います!

スポンサードリンク