水の色が青い

2018年4月2日(月)からいよいよ放送が始まるNHK朝ドラ「半分、青い。」

ヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ)を演じるのは女優の永野芽郁さんです。

そんな本日はNHK朝ドラ「半分、青い。」ヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ)の幼少期を演じる子役・矢崎由紗ちゃんの役柄と演技評価&評判について詳しくご紹介します。

スポンサードリンク

朝ドラ「半分、青い。」ヒロイン・すずめの幼少期を演じる子役は矢崎由紗!

冒頭でも軽く触れましたが、NHK朝ドラ「半分、青い。」ヒロイン・楡野鈴愛(にれのすずめ)の幼少期を演じる子役は矢崎由紗ちゃんになります。

矢崎由紗ちゃんの経歴や簡単プロフィールを下記にまとめてみました。

矢崎由紗のプロフィールは?

名前:矢崎 由紗(やざき ゆさ)
生年月日:2009年5月20日
現年齢:8歳
職業:子役
ジャンル:テレビドラマ、CM
事務所:セントラル

 

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」がもうすぐスタートします。

ヒロインの楡野鈴愛(にれのすずめ)役を演じるのは、映画「俺物語!!」、ドラマ「僕たちがやりました」などで有名な永野芽郁さんということで、期待ですよね。

さて、ここでは、おなじ楡野鈴愛の幼少期の役を演じる、子役の矢崎由紗ちゃんについて、見ていきたいと思います。

 

NHK連続テレビ小説といえば、ヒロインが幼少のころから描かれていきますので、子役についても見逃せませんよね。

矢崎由紗ちゃんは、2009年5月20日生まれで、2018年3月現在では、まだたったの8歳です。

出身地については、調べてみたものの、明らかになっていませんでした。

 

所属事務所はセントラルです。

子役としてのデビューは、2012年のドラマ「黄昏流星群」で、当時、矢崎由紗ちゃんはまだ3歳。

以後、これまでに、「名もなき毒」、「花咲舞が黙ってない」、「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」、「砂の塔〜知りすぎた隣人」など、数多くの話題のドラマに出演してきました。

 

ほか、テレビ番組では「奇跡体験!アンビリバボー」、CMでは「日本興亜損保」などにも出演。

NHK連続テレビ小説への出演は「半分、青い。」が初めてとなる、矢崎由紗ちゃん。

これまでの豊富な子役キャリアを生かして、がんばってほしいものですね。

スポンサードリンク

朝ドラ「半分、青い。」ヒロインすずめの幼少期はどんな役?

矢崎由紗さんが演じることになる、NHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロイン・楡野鈴愛の幼少時代。

朝ドラ「半分、青い。」の序盤における主演ということですから、とても注目されることになりそうですよね。

それでは、楡野鈴愛の幼少時代とは、どのようなものなのでしょうか?

 

楡野鈴愛は、岐阜県で食堂を経営している楡野宇太郎と楡野晴のあいだに誕生します。

後に、弟である楡野草太が誕生します。

幼なじみの萩尾律とともに育っていく、楡野鈴愛。

 

しかし、不幸にも、片耳の聴力を失ってしまうという目に遭います。

それでも懸命に生きていく楡野鈴愛なのですが、矢崎由紗ちゃんが演じるのはここらへんまででしょうか。

なお、楡野鈴愛は、成長後、漫画家をめざして東京へと出ていくこととなります。

 

成長後の楡野鈴愛は永野芽郁さんが演じますが、回想されるかたちで矢崎由紗ちゃんが再登場することもあるかもしれません。

朝ドラ「半分、青い。」を最後までしっかりと見ていきましょう!

朝ドラ「半分、青い。」に出演する矢崎由紗の演技評価は?

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」において、楡野鈴愛の幼少時代を演じることになっている、矢崎由紗ちゃん。

それでは、その子役としての演技の評判はどうなっているのでしょうか。

矢崎由紗ちゃんは朝ドラ「半分、青い。」で注目されることになりましたが、これまでそんなに有名な子役というわけではなかったため、評判までは分かりませんでした。

 

でも、過去に矢崎由紗ちゃんが出演したドラマとしては、かなり話題となった「砂の塔〜知りすぎた隣人」があります。

そこで、ここでは、「砂の塔〜知りすぎた隣人」で矢崎由紗ちゃんが演じた柳玲奈役について、見てまいりましょう。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」は、菅野美穂さん主演のサスペンス。

 

タワーマンションにおける母親たちの人間関係と、謎の通り魔事件が描かれていくというものとなっております。

ボスママ・阿相寛子の子分である柳汐里の娘が、矢崎由紗ちゃんが演じた柳玲奈ということになります。

柳玲奈自体は物語の核心に影響がありません。

 

しかし、けっこう注目されたドラマだけに、矢崎由紗ちゃんの演技が認められたことは間違いありません。

ましてや、今度はNHK朝ドラ「半分、青い。」のヒロインの幼少時代という大役です。

矢崎由紗ちゃんの今後が楽しみになりそうですね。

まとめ

2018年4月2日(月)から待ちに待ったNHK朝ドラ「半分、青い。」がスタートします!

ヒロイン・すずめの幼少期を演じる子役は矢崎由紗ちゃんとなっています。

まだまだ、未知数な子役の女の子ですが、今回のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」に出演することで演技の幅も広がり、今後はさらなる飛躍が期待できるでしょう。

なんといってもヒロインの幼少期を演じる女の子なわけですから、注目されないわけがありません!

朝ドラ「半分、青い。」以降もいろいろなドラマや映画で矢崎由紗ちゃんを見かけることになりそうですね。

スポンサードリンク