本棚に並ぶたくさんの本

2018年3月25日(日)に放送するアガサクリスティのミステリードラマ「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」

主人公・相国寺竜也を演じるのは俳優・沢村一樹さん。

その他にも豪華キャスト陣が出演しますが、ミステリードラマが大好きな人にはたまらないと思いますよ。

そんな本日はドラマ「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」のネタバレと犯人の正体を勝手に予想してみたいと思います。(※ネタバレ要素を含みますので注意してください。)

スポンサードリンク

ドラマ「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」のあらすじは?

テレビ朝日で、ドラマ「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」が、2夜連続で放送されます!

アガサ・クリスティーの名作「鏡は横にひび割れて」が原作だといいますから、おもしろくなることは間違いなさそうですね。

そこで、気になるあらすじはどうなっているのか、さっそく見てまいりましょう。

 

病気療養していた女優の綵まど香が、13年ぶりに銀幕へ戻ってくることになりました。

出演する映画「鹿鳴館の華」は、綵まど香の旦那である海堂粲が監督を務めることに。

綵まど香は、映画撮影のために屋敷を買い、パーティーを開きました。

 

ところが、そのさなか、なんと所有者だった神ノ小路凛が、毒殺されてしまいました。

これを受けて、捜査にあたっていく、警視庁捜査一課特別捜査係の刑事の相国寺竜也ら。

やがて、神ノ小路凛が飲んだお酒は、本来、綵まど香のものだったと分かり、事態は急展開を見せます。

 

さらに、そのお酒を作ったのは、あろうことか海堂粲でした。

綵まど香は何かにおどろいていたという事実をつかんでいく、相国寺竜也。

それから、綵まど香が何者かから脅迫されていたということも明らかに。

 

綵まど香はなぜか、脅迫の事実を海堂粲に知られたくないようで、海堂粲への疑惑が捜査陣のあいだで高まっていきました。

ですが、そんな綵まど香は、不審な電話を受けたり、毒殺されかけたりします。

なんとか綵まど香は助かりましたが、次は海堂粲の秘書の朱田〆子が毒殺されてしまいました。

 

相国寺竜也らは、過去に、綵まど香が女優の朝風沙霧とトラブルになっていたという事実をつかみますが…?

ドラマ「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」のネタバレと感想は?

ドラマ「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」のネタバレや感想も気になりますが、こちらはまだ放送されていませんので、分かりません(笑)

そこで、独自に展開を予想していきたいと思います。

殺人事件であれば、たった2人で済むとは思えませんから、3人以上犠牲者が出てくることになるのではないでしょうか。

 

毒殺という手口を考えれば、犯人は、綵まど香が買った屋敷に招かれている者たちの中の誰かでしょう。

もちろん、相国寺竜也ら警察関係者は除外すべきです。

犯人の動機は、常識的に考えれば、綵まど香への怨恨でしょう。

 

ですが、アガサ・クリスティー作品はオチがとんでもないものが多いので、それを原作にした「大女優殺人事件」も、予想外のオチを迎えるかもしれません。

2夜とも、見逃さないようにしたいですね!

ドラマ「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」の犯人を予想してみる!

さて、ドラマ「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」の犯人は誰なのでしょうか?

こちらもあくまで現時点では分かりませんが、いちおう、予想してみたいと思います。

先ほども述べましたが、相国寺竜也ら警察関係者は除外すべきでしょう。

スポンサードリンク

 

すると、もっとも有力な犯人だと思えるのは海堂粲と朝風沙霧でしょうが、これでは意外性がありませんよね?

綵まど香本人が犯人とか、そういうオチなら、ビックリ仰天となるでしょうけど。

犠牲者たちとは違って、毒殺を免れているほか、何かにおどろいていたという事実もありますからね。

 

海堂粲に脅迫を知られたくないというのも不自然ですし。

はたして、犯人は意外な人物なのか、分かりやすい人物なのか、どっちなのでしょうか?

アガサ・クリスティーの作品には、「殺されたはずの者が生きていて犯人」、「登場人物が全員犯人」、「語り手が犯人」など、おきて破りのオチのものもありました。

 

でも、こんなものは何度も使いまわせるものではありませんから、本作ではないと思います(笑)

いずれにしても、「大女優殺人事件」は原作に忠実になるでしょうから、ドラマが楽しみな方は原作は読まないようにしましょう(笑)

 

それでも、ドラマを観る前に原作小説をすぐに読んでおきたい方は電子書籍がオススメですよ。

下記にアガサクリスティの原作小説「鏡は横にひび割れて」のリンクを貼っておきますね。

 

◆楽天はこちら!

鏡は横にひび割れて【電子書籍】[ アガサ クリスティー ]

◆Amazonはこちら!(Amazonは文庫本になります。)

鏡は横にひび割れて (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

大女優殺人事件の原作小説ネタバレと感想!ドラマのラスト結末との違い!

まとめ

2018年3月25日(日)に放送するアガサクリスティのミステリードラマ「大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~」ネタバレと感想、そして犯人を勝手に予想してみました。

アガサクリスティの原作小説「鏡は横にひび割れて」をすでに読んだ人なら大体の犯人は分かっていると思います。

犯人が分かっている人は原作小説とドラマを見比べてみるという楽しみ方があると思いますが、最後まで犯人は知りたくない!という方は原作小説は読まない方がいいと思います。

ですが、原作小説とドラマのラスト結末は必ずしも同じということはないので、違いを楽しむためにも原作を読んでおくというのもアリだと思いますね。

楽しみ方は人それぞれなのでお好きなように至福の時間をお楽しみください。

スポンサードリンク