坂本龍馬の像

2018年2月4日(日)放送のNHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第5話を見逃してしまった場合に無料動画を視聴する方法を詳しくご紹介したいと思います。

どらまにーどらまにー

「西郷どん(せごどん)」第5話を見逃しても焦らないようにだよー!

ひっとんひっとん

「西郷どん(せごどん)」第5話の見逃し配信動画を無料視聴する方法を特別に教えちゃうっっ!

NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第5話のあらすじやネタバレ&見どころ、感想、ストーリー展開予想などもまとめてご紹介しますね!

スポンサードリンク




「西郷どん(せごどん)」第5話の見逃し配信動画を視聴する方法は?

U-NEXTで西郷どんの見逃し配信動画を視聴しよう!

U-NEXTの6つのメリット

「西郷どん(せごどん)」第5話を見逃してしまった場合は動画配信サービスであるU-NEXTを利用しましょう!

西郷どんはNHKドラマなので民放ドラマの見逃し配信を行なっているTVerでは観ることが出来ません。

HuluやdTVでも配信されていないのでNHKドラマ(大河ドラマや朝ドラ)に強いU-NEXTに登録して視聴すればOKです。

 

ドラマ観るなら<U-NEXT>

 

U-NEXTのおすすめポイントはこちら!
  • 31日間無料お試しキャンペーン実施中!
  • 無料登録時に600ポイント貰える!
  • 動画配信数140,000本以上!
  • 最新ドラマの配信が早い!
  • NHKドラマ(大河ドラマや朝ドラ)も配信している!
  • ダウンロード機能がとても便利!
  • ひとつのアカウントで最大4人まで利用可能!
  • 最新雑誌も読み放題!

 

U-NEXTでは現在、31日間無料お試しキャンペーンを実施していますし、さらに登録すると600ポイントゲット出来ます!

この600ポイントを利用すれば「西郷どん」第5話の見逃し配信動画を無料視聴することが出来ますしその他、動画配信数140,000本以上の中から見放題動画をどれだけ観ても完全無料になります。

もちろん31日間以内に解約すればお金は一切かかりません。

 

U-NEXTは最新ドラマの動画配信数もとても多いですし、NHKドラマ配信にも長けているのが特徴です。

初回登録時に貰える600ポイントと31日間無料お試しキャンペーンを利用してお得に見逃し配信動画を視聴しちゃいましょう!

 

「西郷どん」見逃し配信動画をお得に観る方法!
  • U-NEXTの31日間無料お試しキャンペーンに登録!
  • 登録時に貰える600ポイントを利用して無料視聴!

「西郷どん」をすぐに視聴したい方はコチラ!

 

※2018年2月現在の最新情報をご紹介しましたが、U-NEXTの31日間無料キャンペーンはいつ終わるか分からないので気になっている方は今がチャンスですよ。

 

どらまにーどらまにー

「西郷どん」最新話が放送終了してから配信まで多少のタイムラグが生じる可能性もありますっ!

違法アップロードされたドラマを観るのは危険!

見逃したドラマを無料視聴したいが為に、YoutubePandora、Dailymotion、miomioなどでサクっと観てしまおうと思っている人もたくさんいると思います。

 

  • Youtube(ユーチューブ)
  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

 

上記4つのサイトをよく利用している人も多いかと思いますが、上記サイトにアップされたドラマや映画は違法アップロードされたものです。

違法アップロードされたドラマを観るのはやはりリスクを伴うものなので絶対に止めましょう!

 

どらまにーどらまにー

著作権問題ですぐに削除されちゃうから全話見るのは難しそうだねー。

ひっとんひっとん

PCやスマホがウイルス感染されたり個人情報が漏えいする可能性もあるみたい…。

 

「西郷どん」をすぐに視聴したい方はコチラ!

「西郷どん(せごどん)」第5話のあらすじが気になる!

2018年2月4日(日)放送のNHKドラマ「西郷どん(せごどん)」第5話のあらすじを簡単にご紹介したいと思います。

 

「相撲じゃ!相撲じゃ!」

藩主に就任した斉彬(渡辺謙)は、父・斉興(鹿賀丈史)派の重鎮たちを罰せず重用すると宣言。父が流罪で未だ謹慎中の大久保正助(瑛太)は、斉彬のやり方に憤る。

正助のため西郷吉之助(鈴木亮平)は、藩主と会える御前相撲で勝ち上がり殿の真意を問いただすと息巻く。

さらに、岩山糸(黒木華)に縁談話があり、相手は相撲大会にも出場する上級藩士・海老原重勝(蕨野友也)だと言う。

糸に恋焦がれる正助の無念を晴らすため、吉之助は絶対負けられない試合に臨む。島津家の姫・於一(北川景子)が見守る中で、相撲大会に大波乱が巻き起こる。

公式サイトから引用)

 

NHKドラマ「西郷どん(せごどん)」第5話のあらすじを簡単にご紹介しました。

さらに詳しく「西郷どん」第5話のあらすじ、ネタバレ、見どころ、ストーリー展開をご紹介しますね。

 
↓ U-NEXT登録時に貰える600ポイントで「西郷どん」第5話の見逃し動画を無料視聴する!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

「西郷どん(せごどん)」第5話のネタバレ、ストーリー展開予想!

2018年2月4日(日)放送のNHKドラマ「西郷どん(せごどん)」第5話のネタバレ、ストーリー展開予想を随時、ご紹介していきます!

どらまに!読者さんから「西郷どん」第5話のストーリー展開予想やネタバレなどどしどし送ってもらいました。

こちらについては随時更新していきますね。

 

むーむー

大河ドラマ「西郷どん」 幕末から明治に向かう混乱の世の中を導いていく。

薩摩藩と西郷隆盛、幕末に向かう薩摩藩は、薩摩藩主島津家の内乱で、藩の中は乱れ、民も役人も生活に困窮しています。

そのことを改革しようとする西郷、新しい藩主を切望し、江戸屋敷の、島津、斉彬に藩で起きている事をつたえる。

斉彬と、西郷の関係は不思議な出会いから始まり、斉彬の魅力に取りつかれるのであるが、直接合うことは中々できない。

そんな西郷も薩摩藩の役人になり、年貢の取り立てを行うが、そこで行われていた、買収等がはびこり、農民の生活は困窮を極めている。

それは役人も同じで、自給自足の様な生活を送る役人も沢山、そんな生活を見かねて、上司に進言するも、改革は進みません。

そんな中ようやく、斉彬が動きだし城主の引退を決断させいよいよ、時代は斉彬の時代に、御国入りを歓迎します。

民の中を登城する斉彬。

その中に西郷も、歓迎の列に並ぶのである。

そんな列に、子供が飛び出し、新しい殿さまの顔が見たいと言い出します。

以前であったら、その場で、打ち首になっても不思議ではない場面、しかし、そこで斉彬のとった行動は、民の顔を見せ、これが新しい殿田、子供は国の宝と言うのである。

これから西郷と、斉彬が再び巡り合い、お互いの思いが一致して、薩摩藩の改革に向かって行き、時代は幕末へと向かい、薩長との関係を築き、新しい日本の為に、薩摩が果たした役割を西郷が度の様に関わり維新に向かって行くのかがとても楽しみです。

スポンサードリンク

たりらんたりらん

「西郷どん」の面白い所は、西郷どんのまっすぐなこころだと思います。

西郷どんが、このような時代にしたいんだという想いが、伝わってきます。

印象的なシーンとしては、子供時代の西郷どんが、刀を振るう腕を切られ身分の差に落ち込んでいた時に島津斉彬に勇気づけられるシーンです。

しかし、そんなかっこよい島津斉彬も父親から疎まれて側室の由羅からも殺されそうになるなど苦労している方でした。

由羅にピストルで撃たれそうになった時の島津斉彬の表情が、寂しそうでかわいそうでした。

父親からは、疎まれながらも当主になった島津斉彬を歓迎する人々をみて正しく行動していればそれは、世間が、分ってくれるものだと感じました。

今後の予想としては、西郷どんが、いろんな志士達と意見をぶつけあいこのような時代にしたいという想いをまとめて行動していくのだと思います。

しかし、身分制度や辻斬りなどのあった時代なので西郷どんも辻斬りに襲われる事もありそうです。

しかし、体格も良いので刀は、振るえなくてもお相撲のような戦い方で勝ちそうです。

西郷どんは、史実では、よく食べるそうなので各地の名物料理を嬉しそうに食べる西郷どんも観れるとグルメ番組も観れるようで面白いと思いました。

ぶーぶー

「子は国の宝」。

この伏線が張り巡らされているように思う。

島津斉彬へと藩主が変わり、時代は幕末へと向かっていく。

主人公の西郷隆盛が幼い頃に島津斉彬と出会い、地元への思いを強くしたように、誰かに憧れることの大切さ、人として強くなることを伝えているように思える。

自分の家の米の味も知らず、借金のかたに売られようとする子供を助け、そして地元を終われ、出て行こうとした子供を助ける。

確実に幼いころに憧れた斉彬の面影が西郷なりに引き継がれているようだ。

彼らは揃って「いいお侍さんに出会えた」と話している。

西郷の子供時代を演じた子役の演技も評判になったが、彼を取り巻く子供たちの演技が素晴らしい。

その子供たちとの関わりから、誰かのために汗を流し、人のために泣くことができる。

そういう西郷の人柄を見ることができるのも見所の1つではないかと思う。

幕末の知識はあまりないが、かつて西田敏行が演じた西郷の記憶がわずかに残るので、鈴木亮平が西田敏行の西郷とどのように違う西郷を見せてくれるのか、西郷の人柄とカリスマ性の影で目立たない存在になっていた、瑛太演じる大久保利道の思いを大河を通して感じてみたいと思っている。

さらに前述した、子供たちがいつか西郷を支える側へと成長し、「子は国の宝」を体現してくれるのかを楽しみにみたいと思う。

トロントロン

第4話で次々と島津藩主による粛清が行われました。

ついに吉之助たちが幼いころから学問を授けてくれた赤山先生が切腹を命じられてしまいます。

赤山先生が介錯人に指名したのは吉之助の父親でした。

吉之助は赤山先生の最後を見届けます。

吉之助たちや赤山先生の身になってドラマを見てみるとただただ「無念」ですね。

以前から江戸にいる島津斉彬に手紙を送っていた吉之助は赤山先生の最後や島津の未来のために斉彬に藩主になってもらうよう懇願します。

斉彬も「もうこれ以上、島津藩を放ってはおけない。自分が藩主になるしかない。」と決意します。

そして、実の父親に強引に隠居勧告をします。

斉彬の父は当然、それを拒みますが斉彬の決死の訴えでしぶしぶ隠居を認めます。

ロシアンルーレットの部分はフィクションだと思いますが、きっと最後まで双方ともに譲らずにいたのではないかと思いました。

新しい藩主として薩摩入りした斉彬を薩摩の人々が大歓声で迎えたシーンはかっこよかったです。

ある子供が斉彬のことを「キラキラとしている」と言うシーンがありましたが本当にその通りだと思います。

斉彬は貧しくて身も心もボロボロになった薩摩の人々の希望であったに違いないと思いました。

 

「西郷どん」をすぐに視聴したい方はコチラ!

「西郷どん(せごどん)」第5話を観た感想が気になる!

大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第5話を観た感想も随時、ご紹介していきますよーっ!

 

むーむー

西郷は、自分よりも人の為に頑張ると聞いていましたが、大久保の為に糸との恋を成就させようとしつつも、糸は西郷どんが好きなのは見ていて切ないし、せっかくの大久保と西郷の仲が壊れてほしくないと思いました。

大久保は、糸が決められた顔も知らない人と結婚することに驚いていましたが、糸には他に好きな人がいるのではと一見鈍感そうなのに察したところは、見ていてハラハラしました。

きっと、西郷だと糸が口にしなければ、全く知らない相手なら、大久保は納得したのかもしれません。

西郷は出場できなくなった人の代わりに相撲に出たけど、調子に乗ったわけではないと思いますが、斉昭を倒してしまったことで牢屋に入れられたのは、酷いと思いました。

相撲したいと言ったのは斉昭だし、行ったことに責任を取ってほしいと思いましたが、優しい人でも名誉を手にするとこうなってしまうのかなと思いました。

大河ドラマは、歴史的な人物を取り上げいているので、時代が重複すれば同じ人物が登場するのは当然です。演出や原作者、縁者が違えばそれなりの味が出ますが、「篤姫」の時の斉昭と篤姫の印象はどこかおっとりしていたのに、「西郷どん」ではどちらも意地悪そうに見えました。

6話では、予告では牢屋から出ていたので、もしかしたら大久保達が助けに来てくれたのかなと思いました。

もしくは、父上を倒せとはしゃいでいた篤姫は、西郷に好意を持っていそうだったので、自分の発言に責任を持って釈放させてくれたのかもしれません。

相撲で優勝した時の米俵を受け取っていない気がするので、受け取らない代わりに西郷を釈放出来たとも考えました。

たりらんたりらん

斉彬が薩摩藩の新しい藩主となり、藩内も少しずつ変わってきたようです。

ある日、御前相撲が行われることになりました。

吉之助たちは御前相撲に勝って前藩主とにより処罰された人たちを助けてもらうように訴えようと考えます。

またまた無謀とも言える計画を考えた吉之助ですが真剣に相撲試合に立ち向かいます。

本来、吉之助は試合に出る予定はありませんでしたが仲間の代わりに出場することになり、優勝。

そして、恐れ多くも藩主斉彬と相撲をとることになってしまいます。

思わぬ形で吉之助と斉彬が再び出会います。

次回、吉之助は斉彬から直々に呼び出されて薩摩の将来、日本の将来について話すチャンスが得られるかもしれません。

斉彬は西郷吉之助の名前を覚えていて興味を持っていたようなので、お声がかかるのも、もうすぐではないかと思います。

第五話で縁談が決まった糸がどういう決断をするのかも気になるところです。

時代背景を考えると女性は親の決めた人と結婚するのだと思います。

しかし、糸はとても意思の強い女性です。

糸が吉之助への想いを告げずに見合い相手と結婚するのか、それとも、何かしら行動を起こすのか・・・。糸と吉之助、正助の三角関係が気になります。

ぶーぶー

新しい薩摩藩主、斉彬公が、御国入りを果し、藩民とのふれあいを求めて、相撲大会を開くことに、優勝者には米10表のおおばん振る舞い。

藩民は喜ぶが、それとは別に、斉彬は今までの藩主の政策を引く継ぐと言い、前の藩主に寄り処罰された物の御赦免もかなわない。

そんな中、相撲の練習に励む民達、優勝して御赦免を訴えると西郷どんも気持ちは同じである。

そんな中イトに結婚の話が舞い込む、気が気でない吉之助、その決着を相撲で付けようとする吉之助達、そしていよいよ午前相撲の日がやって来た。

しかし、新八は、腹を壊し相撲大会に出るk歩とが出来なくなり、吉之助が、代わりに出場することになる。

そして吉之助は順調に勝ち進む、相撲の勝敗は思いの強い物が勝とこと、そして、決勝まで勝ち進んだ吉之助。

そして勝って、御赦免を願いたいとの思いが通じるのか、勝負は西郷吉之助が優勝した。

御姫様の思いが吉之助を勝足したのか。

そして、最後に、斉彬公との一番が行われる。

そして吉之助は、殿様を投げ飛ばし勝ってしまう。

そして吉之助は牢屋に入れられてしまう、これから吉之助はどうなってしまうのか、切腹になるのではと心配する者たち、斉彬公と、ようやく合うことのできた吉之助、これからどうなるのか、来週も楽しみです。

トロントロン

NHK大河ドラマ「西郷どん」の第5話は、題名が「相撲じゃ! 相撲じゃ!」です。

西郷たち若者の念願がかない、やっと藩主に就任した島津斉彬でしたが、就任早々「前藩主の政治を3年は変えない」と宣言。

対立してきた前藩主派の家臣は更迭せず、罰を受けている斉彬派の人々もそのままにします。

西郷たちは憤り「藩主就任祝いの相撲大会で優勝し、斉彬様に直訴しよう!」と息巻きます。

最終的には西郷が優勝。いよいよ斉彬と対面するか・・・と思いきや、とんでもない結末になってしまいます。

この回は、そうした表のストーリーより「ラブロマンス」が印象的でした。

幼なじみの糸は密かに西郷に心を寄せますが、西郷はまったく気づかず。

一方大久保正助は糸に恋していますが、何となく糸の本音を察して言い出せない。

正義感満点で明るく力持ちと、皆から好かれる西郷。方や頭が切れ、西郷や周囲の心中を思いはかる正助。

何か、明治維新でそれぞれの活躍をする数十年後の二人の関係を暗示するかのような、彼らの若き日の1ページで、微笑ましく思いました。

次回、第6回もこのほろ苦い、薩摩隼人・おごじょたちの不器用なロマンスは続くようです。

米国帰りの謎の男が西郷に「ラブ(愛)」を教えるところが見所の模様。

西郷が西洋を知るきっかけになるのかも・・・・。注目です。

まとめ

2018年2月4日(日)に放送したNHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第5話の見逃し配信動画を無料視聴する方法について詳しくご紹介しました。

どらまにーどらまにー

NHK大河ドラマ「西郷どん(せごどん)」第6話以降もどしどし更新していくからお楽しみにー!

スポンサードリンク