×をしている女性

2018年4月から始まる春ドラマ「正義のセ」

主演は今までいろんなドラマや映画で主演を務め活躍してきた女優・吉高由里子さんですね。

今回、吉高由里子さんは検事役を演じるようですが、どんな役柄なのかも気になってしまいます。

そんな本日は吉高由里子さんの演技力は下手なのか?それとも上手いのか?さらにドラマ「正義のセ」の検事役の評判が最悪なことについて調べてみました。

スポンサードリンク

ドラマ「正義のセ」竹村凜々子役を演じる女優・吉高由里子!

ドラマ「正義のセ」の主人公・竹村凜々子(たけむらりりこ)役を演じるのは女優の吉高由里子さんです。

吉高由里子さんの簡単プロフィールをまとめておきました。

吉高由里子のプロフィールは?

名前:吉高 由里子(よしたか ゆりこ)
生年月日:1988年7月22日
出身地:東京都
身長:158cm
血液型:O型

 

吉高由里子さんの簡単プロフィールは以上となっています。

吉高由里子さんは本名ではなかったので、意外でした。

そして165㎝くらいあるイメージでしたが、以外と小柄で驚きましたね。

 

吉高由里子さんが芸能界デビューしたキッカケは高校1年生のときに原宿で買い物していたときにスカウトされたことです。

女優になってからのドラマ出演で僕が特に思い入れがあるのは「ガリレオ」で福山さんと共演したことですね。

さらにドラマ「東京タラレバ娘」も良いキャラをしていたなと思います。

吉高由里子の演技力は下手?上手い?

吉高由里子さんの出演作品も交えて演技の評判をご紹介したいと思います。

映画「紀子の食卓」

2006年「紀子の食卓」が映画デビュー作となります。

失踪した姉に続いて妹のユカ(吉高由里子)も失踪し、両親が見つけた頃には洗脳されて人形のようになっていたという役。

こちらはデビュー作にしてかなり好評でヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しています。

映画「蛇にピアス」

2007年に公開した映画「蛇にピアス」。

この作品に出演する直前に交通事故にあい、顎の骨を骨折しています。

死も覚悟したときに、今まで人に支えられてきたこと、感謝することの大切さが身に染みたともインタビューで答えていました。

スポンサードリンク

 

吉高由里子さんは一糸まとわぬ姿を披露し話題となった作品。

生きる意味が見つからずピアス開け、刺青を入れて生きる意味を模索しようとする姿を演じています。

この作品でブルーリボン賞 新人賞、日本アカデミー賞 新人賞、日本映画批評家大賞 新人賞と賞を三つもとっています。

 

言うまでもなく演技の評価は好評ですね。

ドラマ「美丘-君がいた日々」

2010年に放送されたドラマ「美丘-君がいた日々」。

難病を発症した女子大生役を演じています。

このときは病気なのに元気すぎる話し方ということで不評でした。

 

元気がトレード・マークの吉高由里子さんには合っていなかったのでしょうか。

作中でそこまで元気な印象はなかったのですが、吉高由里子さんのイメージでそう言われたようです。

ドラマ「ガリレオ」第2シーズン

2013年に放送されたドラマ「ガリレオ」第2シーズン。

柴咲コウさんからヒロインを引継ぎ刑事役に挑戦しています。

しかし、どうしても第1シーズンの柴咲コウさんと比較されてしまい、何かとうるさいと不評でした。

 

第1シーズンから演じていたらそこまで言われなかったと思うので、少し気の毒です。

NHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」

2014年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説「花子とアン」。

吉高由里子さんは左利きですが、このドラマのヒロインの村岡花子さんは右利きだったので、ご飯を食べるときも右でお箸を持つように練習しました。

演技は好評なようで平均視聴率は大人気朝ドラ「あまちゃん」を超えています。

 

この仕事を機に紅白歌合戦の司会にも抜擢されています。

映画「ユリゴコロ」

2017年に公開された映画「ユリゴコロ」

生まれながらにして絶望的な喪失感をもち、罪人の生きる苦しみと悦びを演じています。

こちらは吉高由里子さんのイメージにない役です。

 

この作品で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞しています。

もちろん評判はいいですね。

吉高由里子が演じるドラマ「正義のセ」の検事役の評判が最悪?!

ドラマ「正義のセ」検事・竹村凜々子役を演じる吉高由里子さんの評判が最悪という噂についてご紹介します。

話し方が検事と合わないという意見や自由奔放なのが売りだから検事のような固い役は合うのか?という意見も正直ありますね。

しかし、これらの意見はあくまで予想ですし、今までやったことのない役なのでやってみないと合う、合わないかはわかりません。

 

吉高由里子さんはミステリーや舌にピアスを開けるといった本人のイメージにない役を今までこなしてきました。

今回も予想に反した裏切りをしてアッと驚くハマり役になると思います。

まずはドラマ「正義のセ」を一度見て考えましょう。

まとめ

吉高由里子さんの演技が賛否両論になるのは声と話し方、彼女のキャラクターが個性的だからだと思います。

個性のない女優さんはニーズもなくなるでしょうからいいことだと思いますけどね。

今回の役も検事の仕事のときはキリッと、家ではいつもの吉高由里子さんというように、きっと好演してくれると思います。

まずは一度ドラマを見て各々の感想を述べると良いですね。

4月11日(水)夜10時から初回10分拡大スタートです。

ドラマ「正義のセ」をお見逃しなく!

スポンサードリンク