ビデオガール風なコスプレ女子

2018年1月から放送が始まるテレ東ドラマ「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~(ビデオガール)」

主人公はビデオガール・天野アイを演じる乃木坂46・西野七瀬さんです。

そして、弄内翔の同級生・柴原奈々美を演じるのは女優・飯豊まりえ(いいとよ まりえ)さんが決定しましたね。

そんな本日は柴原奈々美役を演じる女優・飯豊まりえさんの役柄や演技評判、そして過去に出演した映画やドラマについて調査してみたいと思います。

それではさっそくご紹介しましょう!

スポンサードリンク

電影少女2018に出演する柴原奈々美役の女優は誰?

冒頭でも軽くご紹介しましたがドラマ「電影少女2018」に登場する柴原奈々美役を演じる女優さんは飯豊まりえさんということが判明しました。

飯豊まりえさんがどんな女優さんなのか簡単にまとめてみたのでチェックしてみましょう!

飯豊まりえのプロフィール

名前:飯豊 まりえ(いいとよ まりえ)
愛称:マリエ、まりえってぃー
生年月日:1998年1月5日
現年齢:19歳
出身地:千葉県千葉市
血液型:B型
身長:167 cm
デビュー:2008年
ジャンル:ファッション、女優
事務所:エイベックス・マネジメント

 

飯豊まりえさんの簡単プロフィールは以上となっています。

現在19歳で千葉県千葉市出身の女優さんなんですね。

デビューが2008年ということなので10歳の頃から芸能界で活躍しているということです。

 

19歳にして芸歴は既に9年とかなり長いですね。

2008年にalanさんというアーティストのバックコーラス&PVに出演してデビューしました。

そして、その年に行なわれたニコ☆プチオーディションでグランプリを受賞し、ニコ☆プチ専属モデルとして活動開始します。

 

翌年の2009年6月にはニコ☆プチで初の表紙を飾るなど着実に実力と人気を付けて来ました。

やはり持っているものがあったのでしょうね。

その後はニコ☆プチの専属モデルを卒業し、nicolaの専属モデルを務めるようになります。

 

飯豊まりえさんが女優デビューしたのはおそらく「世にも奇妙な物語 ’12春の特別編 家族(仮)」だと思います。

その後、同じく2014年に放送された「世にも奇妙な物語 ’14春の特別編 空想少女」で土田恵美 役として出演しています。

飯豊まりえさんが過去に出演した映画とドラマを下記にいくつかまとめておきますね。

 

出演映画

  • 獣電戦隊キョウリュウジャーVSゴーバスターズ 恐竜大決戦! さらば永遠の友よ
  • 烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE
  • MARS〜ただ、君を愛してる〜
  • 暗黒女子
  • 祈りの幕が下りる時(※2018年公開)

出演ドラマ

  • 学校のカイダン
  • あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
  • 好きな人がいること
  • 嫌われる勇気
  • 刑事ゆがみ

 

飯豊まりえさんが出演した映画とドラマをいくつかピックアップしてまとめておきました。

僕が大好きなドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」に鶴見知利子(つるこ)役で出演していたんですね!!

原作漫画&アニメ版の「あの花」好きな僕からすると最高の実写版ドラマだったと思います!

 

大抵、原作漫画を実写化するとクオリティが下がる印象があったんですが「あの花」に関しては下がるどころか上がってましたから!!

そう考えると「電影少女」の実写化はどうなのでしょうか。

スポンサードリンク

不安と期待が入り混じっていますね。

 

もちろんリアルタイムで原作漫画の電影少女を読んでいた僕なので厳しい目でドラマを観たいと思います。

電影少女2018の柴原奈々美を演じる飯豊まりえの役柄は?

次に気になるのがドラマ「電影少女2018」に登場する柴原奈々美という人物はどんな役柄なのでしょうか。

そもそも原作漫画の電影少女には柴原奈々美という人物は登場して来ません。

まぁ、それを言ったら主人公・弄内翔も出て来ませんけどね。

 

電影少女2018の舞台は原作から25年後という設定なので漫画版に登場した人物達はほとんどいません。

原作漫画で登場したビデオガール・天野アイと主人公・弄内洋太は登場してきますね。

なので柴原奈々美という役が物語にどのように関わってくるのか現段階では分かりません。

 

と思って、あらすじを読んだら分かりましたね(笑)

舞台は原作から25年後なんですが、基本的には原作と物語は似ているようです。

至って普通の高校生・弄内翔(野村周平)は親の離婚を機に叔父である絵本作家・弄内洋太の空き家にひとりで暮らすことになります。

 

学校生活でマドンナ的な存在である柴原奈々美に恋心を抱く弄内翔。

この時点で飯豊まりえさんが演じるのは学校のマドンナ的存在の女の子ということが分かります。

原作漫画では叔父の弄内洋太も学校のマドンナ的存在である早川もえみに密かに恋心を抱いていたわけですから、やっぱり掴みの部分は同じです。

 

弄内翔の恋愛が上手くいかずモヤモヤしているときにビデオガールが出て来て慰めてくれるというストーリーでしょう!

うん!!原作漫画にだいぶ寄せています(笑)

飯豊まりえの演技の評判は?上手?それとも下手?

最後に飯豊まりえさんの演技の評判について気になったので調べてみました。

映画やドラマなどかなりたくさん出演した経験もありますし、実力もある女優さんだと思います。

現に僕は”あの花”のつるこ役を覚えていましたし、感動しました。

 

世間の人たちは飯豊まりえさんの演技についてどんな評価をしているのでしょうか。

 

 

飯豊まりえさんの演技の評判についてツイートを調べてみましたが、演技が上手という意見が多かったですね。

やっぱり経験もあるしたくさんの実績を残している女優さんなのでそれだけ注目されているようです。

僕もしつこいようですがつるこ役とても良かったです!!

まとめ

2018年1月から放送開始するテレ東ドラマ「電影少女~VIDEO GIRL AI 2018~(ビデオガール)」のマドンナ・柴原奈々美を演じる飯豊まりえさんについて詳しくご紹介しました。

飯豊まりえさんも正直気になりますが、一番気になるのは乃木坂46の西野七瀬さんです!

最近は映画にも出演したり少しずつ演技も慣れてきたように見えますが、やはりアイドル色がまだ強いので心配な部分はありますね。

飯豊まりえさんは既にベテランなので安心して見れますが、西野七瀬さんは子供を思う親の気持ちで温かく見守りたいと思います!

どちらにしても原作漫画のクオリティを下げないようなストーリーにも期待したいと思いますね。

スポンサードリンク